« 豊受より限定販売商品の入荷のお知らせ | トップページ | 春!「可憐な髪 」始めませんか? »

2013年2月27日 (水)

ハーブ便り(2月編②)花粉の季節

まだまだ寒い日が続いていますが、2月もあと数日となりましたね
みなさん~カレンダーは3月と替わり春もそこまできているようです
「春」と言えば「花粉!」
ドイツなどでは春先にハーブを積極的につかう「春季療法」と呼ばれる療法があり、今でも続けられているそうです。
今回は、困っている方も多いであろう、「これからの花粉の季節にお勧めのハーブ」をご紹介いたします

寒い冬の間に運動不足などで血流が停滞し汚れた血液がアレルギーを引き起こすとも
言われています。デトックス(解毒)で体を浄化しながら、肝臓や腸の機能を助けるハーブをとり、春に備えましょう。
もちろん免疫機能のバランスを整えることも忘れないようにしましょう。

おすすめハーブ
①エルダーフラワー
☆フラボノイドの代表。「インフレエンザの特効薬」とも言われているそうです。
体を温ながら鼻水や涙目をゆっくり和らげてくれます
②ネトル
☆浄血と造血 体質改善の目的として用いられた歴史をもち、ドイツではホメオパシーのレメディ-としてこの季節によく使われているようです。
腎機能を促進してくれますので、肝機能を高めてくれるミルクシスルやダンデライオンとブレンドするとよいでしょう
③アイブライト
☆名前からも分かり易いですね。目のトラブルに№1のハーブ。目と肝臓はとても密接な関係があるといわれていますが、このアイブライトは肝臓の働きも活性化してくれるようです
④エキナセア
☆免疫と言えばこのエキナセア。第二次世界大戦後研究が進み「免疫を高めるハーブ」として、世界中に広まったハーブです。ピンクの花びらがキレイです。
⑤ミント
☆つらい鼻の詰まりを「スッー」とさせてくれ香りもさわやか、以外にも消化機能を助け腸にも良いとされます。
単品では飲みづらいのでアクセントとしてブレンドして飲んでいただくと美味しいですよ。

他にもこんなハーブをどうぞ!
ブルーマロウ、カモミール、ローズヒップ、フェンネル、レモンバーム、フィーバーフュー他

S


←写真は、3種のブレンドTEAです。
(ブルーマロウ+エキナセア+レモンバーム)